質屋渋谷の耳寄りミュージアム 渋谷の駅前にある質屋は、外観はブランドショップのようで昔のイメージとはかなり変わってきています。

渋谷にある質屋は全て許可を得ているか

質屋を営業するには、昭和25年に制定された質屋営業法という法律に則って営業しなければなりません。

質屋営業法は質屋を営業するにあたっての様々な取り決めで、それを遵順守していかなければならないのです。

質屋を営業するには、各都道府県公安委員会に許可をもらわないとできません。

≪関連サイト≫⇒京都府警察/質屋を営むには

無許可で質屋を営業することはできませんので、渋谷やその他の場所で質屋として看板を揚げているところではすべて許可は得ているはずです。

最近では質屋もホームページを持つようになりました。

どの質屋も○○(都道府県名)公安委員会許可△△△・・・号というような許可番号を掲載しています。

こういった許可がないところは、質屋として営業はできません。

大々的に○○質店というように宣伝をしているところは、許可もきちんと得ているところですからまず間違いないと言えるでしょう。

公安委員会から許可をもらうというのは、警察署を経由して手続きします。

もしこれをせずに無許可で営業したら、質屋営業法に反しますので、罰金刑などの処罰が下されます。

渋谷は大きな街です。

そこで営業している質屋については、すべてが公安委員会許可を得ているであろうと思われます。

無許可で営業していたら、すぐにばれると思いますので、そんなことをする人はいないのではないでしょうか。

渋谷というような人が多く集まる目立つ場所で質屋と看板を挙げているようなお店は、きちんとした営業を行っているはずです。

Comments are closed.

Post Navigation