質屋渋谷の耳寄りミュージアム 渋谷の駅前にある質屋は、外観はブランドショップのようで昔のイメージとはかなり変わってきています。

渋谷の質屋とリサイクルショップとの違い

渋谷には質屋やリサイクルショップがたくさんあります。

質屋とリサイクルショップというのは、似たような感じを受けるのですが、果たして同じものなのでしょうか。

質屋とリサイクルショップの違いについて述べておきます。

質屋についてですが、公安委員会に「質屋営業許可」を得て営業をしています。

客が品物を持ち込み、それを査定してそれに見合った額のお金を貸します。

持ち込んだ品物は「担保」という形になります。

質屋が品物を預かる期間は決まっていて(3カ月)、それまでに借りたお金と利息を払えば、品物は取り戻せます。

もしお金が返せなかったら、品物は質屋のものになります。

金融機関と違うのは、返済の督促などは一切しません。

質屋のものになった品物は、「質流れ品」として販売されます。

次にリサイクルショップについてです。

リサイクルショップは公安委員会に「古物商営業許可」を得て営業します。

古物というのは、一旦購入者の手に渡ったものや、一度使ったものなどを言います。

購入者が新品のまま持ち込んでも、それは古物という扱いになります。

客がお店に品物を持ち込み、それを査定して買取が成立した場合、その品物はすぐにお店のものになるので、質屋のように取り戻すことはできません。

お店は、こうして集めた品物を販売して利益を得ています。

渋谷にある質屋では、質屋とリサイクルショップをかけ持ちしていることが多いです。

質屋と古物商の両方の許可を得て、営業するところが増えているのです。

Comments are closed.

Post Navigation